『守られなかった約束』
ノリコ
 陽ざしは、やさしかった。
 まだ、春は浅い。 
 ひんやりとした朝の空気の中で、陽の当たったところだけが、暖かかった。 
 彩香は、昨夜の気だるさを感じながら、身体を起こして、ベッドの端にすわった。
 かすかに寝息が聞こえてきて、ゆっくりと振り返ってみる。
 隣には、彼が眠っていた。
 彼の柔らかなほほに、手の甲を当ててみる。
 ピクンと彼は動いた。だが、目覚める様子はない。
 若い肌だった。
 羨ましく、まぶしいほどの若さだ。
 しかし、こんなことをいつまでも続けていていいものかどうか、彩香は不安だった。

 夫には、不満はなかった。
 でも、何かしら物足りない。
 それが何なのか、今の彩香にはよく分らなかった。
 自分は世間的に幸せなほうだと思う。それなのに、この物足りなさはどうしてなのか……。
 彩香の夫は三歳年上で、サラリーマンだ。
 職場では、若手に混じって働き盛りである。
 専門的な営業職なので出張が多く、行くとなると必ず一晩泊まりになるのだった。

 彼は、夫の出張を知ると必ずやって来た。
 いつも、私たちは手をつないで二階に上がる。昨夜も彩香が先に寝室に入り、彼をベッドに招き入れようとした。が、なにをためらったのか、なかなかベッドに入ってこようとしない。
 仕方ない。彩香が彼の名前をやさしく呼ぶ。
 彼は、弾かれたように抱きついてきた。
「ああ……」
 ベッドが悲鳴をあげた。

 彩香は、大きく伸びをした。
 こんなにゆったりとした朝は、久しぶりだ。
 夫はいないし、忙しい彼も今日の予定は入っていない。だから「明日の朝は、ゆっくり寝かせてあげるね」と彼に約束した。
 二人だけで過ごせるこの幸せを、彩香はまだまだ楽しみたかった。
 その時……。
 玄関の方でガチャガチャと、音がしたような気がした。
「まさか!」
 寝室の扉を開け、階段の下をのぞくと、そこには夫の姿があった。
 彩香は声をあげそうになり、あわてて口をおさえる。(彼は、まだ寝ている……)
 後ろ手に扉を閉め、急いで階段を下りた。
「どうしたの、夕方じゃなかったの」
 声がうわずり、つい詰問調になってしまう。
「昨日のうちに契約が取れてしまったんだ。そのご褒美に上司が休みをくれたから、朝一番の新幹線に乗ったのさ」
 にこやかに語った夫は、次の瞬間、顔色を変えた。
 何かを感じたように、大またで階段を上がっていく。
 彩香は必死に夫を止めようとしたが、間に合わなかった。
 バシン!
 扉が大きな音を立てて、開けられた。
 夫は、寝室の中に入り、ベッドの掛け布団の端をつかんで、思いっきり引きはがす。
 遅れて部屋に飛び込んだ彩香は、とても正視できずに両手で顔を覆った。
 彼は眠そうな目をこすりながら、夫を見た。
 あまりの驚きに、声を失っている。
 凍りついた空気の中、彼が言い放った。
「ボク一人で寝る約束を破ったのは悪いけど、ママがね、来ていいよって……。それに、今日は幼稚園が記念日でお休みだから、朝寝坊させてあげるってママが約束してくれたんだ……起こすなんて、ひどいよ、パパ!」
clipimg